男性

寒くなってきたらノロウイルスを予防|アナタに忍び寄る感染症の症状

感染しないために

サージカルマスク

ノロウイルスは一年中存在するウイルスで、感染すると腹痛や嘔吐を引き起こします。場合によっては脱水症状を起こす事があり、特効薬は存在しません。そのため、感染しない対策としてしっかりと手洗いを行う事が大切です。石鹸でしっかり洗い、洗った後はアルコールで消毒する事でノロウイルスから身を守る事が出来ます。

詳しく読む

重症化させないことが大切

男性

インフルエンザは風邪の症状と似ていますが、38度以上の高熱が出て、筋肉痛や関節痛など全身に症状が出るのが特徴です。子どもや老人がインフルエンザにかかってしまうと、大きな負担となってしまうため、早めに予防接種を受けておく必要があります。また、こまめな手洗いやうがい、アルコール消毒なども大切です。

詳しく読む

冬に流行する感染症

女の人

冬に流行する感染症にはインフルエンザの他にノロウイルスがあります。ノロウイルスは感染性胃腸炎の一つで、食中毒のような症状が出ます。いきなり嘔吐が始まり、水様性の下痢を引き起こします。ウイルスは大変強く、吐いたものや汚物の処理の際に手袋などを使用しないと、簡単に感染していってしまいます。風邪が流行る時期にアルコール消毒がお店などでも置かれるようになりますが、ノロウイルスの場合はアルコール消毒は効果がありません。乾燥や酸に強く、感染した人の糞便から1か月はウイルスが放出されています。二次感染を防ぐには手洗いをこまめにし免疫力をつける、感染した人の汚物処理などを行う場合は家庭にある漂白剤をうすめて消毒をするということが必要になります。アナタに忍び寄る感染症の症状を知りましょう。

ノロウイルスは、いきなりの嘔吐といった症状の他に、水のような便が出るのが特徴で、免疫力が強い人や大人の場合は症状が出ないこともあります。症状が出ないだけでウイルスは体内に存在しているので、他の人にうつさないためにも指の間までしっかりと石鹸で手を洗う、ということが大切になります。ノロウイルスはアルコール消毒液は効果がありませんが、次亜塩素酸水や電解次亜水といった除菌水は一定の効果を得ることができます。この次亜塩素酸水はキッチンにある漂白剤ではなく、口に入れても大丈夫なものです。間違えて使用しないように注意しましょう。使用する場合は霧吹きの中に入れ、手やおもちゃなどに吹きかけるだけで良いので、人気があります。

事前に知識を持ちましょう

クリーム

ベビーワセリンとは、大人が一般的に使用している黄色ワセリンを精製し、不純物を取り除いたワセリンのことで、伸びも良く赤ちゃんから使用することが出来ます。正しく保管し、是非ベビーワセリンで子供と一緒に乾燥予防を行ってください。

詳しく読む